2007年。カフェに隣接するギャラリーでの展覧会。
僕は、その絵に惹かれ作者に会いたいと店員に尋ねた。

『この作家に会いたいんだけど?』
『あそこに座っているのが、福田さんですよ。』と。

片隅で静かに本を読んでいた。

話をすると、音楽の趣味が良く合った。
僕は彼の絵のファンになり、

彼は僕のライブへ良く来てくれるようになった。

 

2011年1月1日、彼に電話した。

「なにか一緒にやらない?」

「いいよ。」

それから4年。やっとたどり着いた。

絵の中の鳥のように、長い旅をしたみたいだ。

つきあってくれた福田君に感謝を。

 

松井 敬治

 

(写真 左/松井 右/福田)